女性

エイジングケア美容液は低刺激なものをチョイスしよう

肌に優しい石鹸

ソープ

洗顔石鹸は洗顔時に洗顔料として使用するものです。普通の洗顔料よりも洗浄力が弱く、肌の潤い成分セラミドを落とさずに洗うことが出来ます。洗顔石鹸はよく泡立てて、泡で汚れを浮かすようにして洗うのがポイントです。

もっと読む

自分1人のための化粧品

化粧水を持つ人

一人一人の肌質に合わせたオーダーメイドの化粧水が作れるということで、遺伝子化粧水がいま注目を集めています。各個人の遺伝子情報を元に作られているため、自分の肌に最適なケアが行えます。そのため肌に馴染みやすく、アンチエイジングなどの効果も期待できます。

もっと読む

ハリのある肌を手に入れる

コスメ

従来の化粧品がお肌の生成に必要な成分を供給することを目的とするのに対して、幹細胞化粧品は肌細胞のもつ再生能力自体を高めることを目的としています。この幹細胞化粧品を購入する時にはボリュームの少ない体験用を取り寄せてみて、そのなかから自分の肌に合ったものを探すのが賢い方法になります。

もっと読む

特別な成分でお手入れを

化粧品

海洋深層水の魅力とは

エイジングケア美容液を使うときは、成分の低刺激性にこだわった製品を選ぶことが大切です。美容液のベースとして使われている水も、できれば天然の水質の良い水が望ましいのです。そうしたことからエイジングケア美容液の原料として関心を集めているのが海洋深層水です。海洋深層水には天然のミネラルが豊富に含まれていますが、それだけでなく深海の水であるために環境汚染などのダメージをほとんど受けていないといわれています。また、水圧の高い深海の水は通常の水と比べると分子のサイズが小さいため、エイジングケア美容液に使用した際に肌の奥へと到達しやすいと考えられています。人間の体の水分も元々海水と同じ組成を持っているため、天然の海洋深層水を使用したエイジングケア美容液は肌との相性が特によいのです。

話題のグロースファクター

エイジングケア美容液のベースとして人気のある海洋深層水ですが、そのベースの上に配合する美容成分としてはグロースファクターが熱い注目を浴びています。グロースファクターは成長因子ともいい、子どもの肌にはふんだんに含まれていますが20代以降になると減り始め、40代を超えると急激に減少するということがわかっています。そのためグロースファクターが配合されたエイジングケア美容液を使ってお手入れすることが必要になるのです。グロースファクターは1種類の成分ではなく、何種類もあります。そのうちエイジングケア美容液などの化粧品には上皮細胞成長因子(ヒトオリゴペプチド1)や線維芽細胞増殖因子(ヒトオリゴペプチド13)などがよく用いられています。